MENU

2020エイプリルフール 音ゲー界の暴走まとめ

2020 5/08
2020エイプリルフール 音ゲー界の暴走まとめ

アーケード系の音ゲーに関しては、2ページ目にまとめている

音ゲーとエイプリルフールは切っても切れない関係にある。

その始まりはわからないが、毎年エイプリルフールになると、どの音ゲーもはっちゃけてふざけるのが恒例行事になっているのだ。

限定の譜面を追加したり、特別なイベントを開催したり、「何やってんの?」と思うような意味のわからないものも時々ある。

そして大抵の場合その日1日しか遊べないこともあり、まるでお祭り騒ぎだ。


というわけで、今回の記事では2020年に音ゲー界で発生したエイプリルフールの暴走を紹介しよう。

目次

スマホアプリ界のエイプリルフールまとめ

Dynamix

エイプリルフール限定曲「ǝɹǝɥdsıɯǝH」が登場、難易度はGIGA9⇂。

序盤はおとなしいが次第に本性を現し始め、9鍵階段や画面の隅っこをを飛ぶノーツが登場したり、ラストは物量で殺しに来る。

Arcaea

ワールドモードを削除することが可能に(現在は不可)。

それと同時に、エイプリルフール限定曲「Singularity VVVIP」が登場。

レーンを無視して画面全体ギリギリまでノーツが飛んでくるのは毎年恒例。

今年はそれに加え、実質6レーンになったり、画面が横向きになったり、螺旋を描いてノーツが飛んできたり、とにかくやりたい放題ふざけまくっている。

また、過去のエイプリルフール限定曲「Ignotus Afterburn」「Red and Blue and Green」もこの日だけ復刻。

2019年のエイプリルフールに登場した「すき」機能も復刻。

MuseDash

MuseDashはやたら多い。

eroerogames
  1. 会社名がERO ERO GAMESに変化(だめだろw)
  2. チュートリアルの譜面が高難易度化
  3. GOODTEKの玄人譜面が、ハンマーが大量に降ってくるものに変化
  4. FREEDOM DiVE↓に裏譜面を追加

チュートリアルはもはやチュートリアルではなくなり、初心者お断り難易度。

GOODTEKの譜面もハンマーが大量に追加され認識難が増すが、それでもまだ人間に寄り添ってくれる難易度をキープしている。

最大級にやばいのがFREEDOM DiVE↓の裏譜面。

その譜面は、ノーツに隙間がなくてワケワカメ。

唯一の救いはクリア難易度は易しめな点。ただ、ちゃんと叩こうとすると指がもげる。

史上初のノーツ数4桁であり、期間限定でない譜面が4種存在する楽曲もMuseDash初となる快挙。

嬉しいことにFREEDOM DiVE↓の裏譜面は常設なので、いつでもプレイ可能。

RAVON

RAVON-RAMEN

タイトル画面が「RAMEN」になり、すべての楽曲のジャケットもラーメンになる。

RAMEN-選曲画面

ラーメンだけでなく、食べ終わった容器や何なのかよくわからない草みたいな画像もあった。

正直、ゲーム内よりもTwitterの告知ムービーが一番エイプリルしてる。

VOEZ

VOEZ-エイプリルフール

新曲「F☆ding St☆r」がエイプリルフール限定曲として登場。

また、過去のエイプリルフール限定譜面「Gamegame?」「Magical Toy Box?!」「PяayStation」も復刻。

TAPSONIC TOP

タップソニックトップ-エイプリルフール

410ソニックが配布される。 以上!!!

TAPTOP好きだからもうちょっと頑張ってほしい。

後日のアップデートで、Twitterの緊急特報画像に描かれている2体のキャラクターがコラボ実装された(別記事で扱う予定)

Phigros

一部の曲にエイプリルフール限定譜面が追加。

  1. DEAD SOUL
  2. もぺもぺ
  3. Rubbish Sorting
  4. Burn
Twitter
DEAD SOULの譜面

あと公式Twitterが面白すぎる。

phigros-エイプリルフール1

これはCNが譜面製作者たちに一年余り二ヶ月分もの給料を支払っていないことによって、譜面製作者たちが不満を抱き、わざと仕組んだものだと思われます。

給料払えww

phigros-aprilfool2

これは譜面製作者たちがCNに対しての報復計画のStep2にすぎません。

CN、早く払えww

phigros-エイプリルフール3

脳を侵食されたプレイヤーは、「自我懐疑妄想症」、通称「ゴミ症」という病気になってしまいます。

ゲームで人を殺せる事態に・・・

phigros-エイプリルフール4

最初の感染者の血液を調べたところ、このウイルスは特殊な区切りを用いてCNのその日々禿げていく頭を嘲笑っていることがわかりました。

面白すぎる。

Phigros公式Twitterはこちら



ガルパ

どうぶつタワーバトルとコラボ!「がるぱタワーバトル」が登場。

Twitter

アクセスが多すぎてマッチングしにくい状況が発生し、一時的に利用停止の措置が取られたりした。

それに伴い、がるぱタワーバトルも4/2 23:59まで公開が延長。

クオリティもかなり高いゲームだった。

ラブライブ!スクフェス

パワーパフガールズとのコラボが登場。

ログインすると特別なコラボストーリーを見ることが可能なほか、コラボ部員を獲得できるガチャはもちろん、期間限定の課題をこなすとラブカストーンや限定のホーム画面を獲得できたりする。

また、一部の楽曲のライブ背景が特別なものに変化。

デレステ

MIYOSHI QUEST

エイプリルフールイベント「MIYOSHI QUEST ~暴走ゲームと囚われのアイドル~」という、ゲームマシンに捕まったアイドルを助けるイベントが開催。

また、過去のエイプリルフールで登場したミニゲームが遊べる「ゲームセンター」も登場。

Tone Sphere

3/31に「4/1のトマト給付はお休みさせていただきます。」とのツイート。

今年は何もないのかと思いきや

トマトではなくメロン襲来。

というわけで限定楽曲「Haunted Melon」が登場。

Haunted Melonの譜面

いままでのエイプリルフール譜面も復刻されたらしい。

Deemo

ゲームでは何もなし。

しかし、TwitterでVOEZコラボパックのムービーが登場。

このパックは実装はされていないが、今後登場するかもしれないので期待。

Lanota

インタラクティブ調律装置が登場。

判定ラインである円をディスクのようにスクラッチして回すことができ、曲調が変化する。

OverRapid

タイトル画面と楽曲のジャケットがリス化。

DanceRail3

エイプリル楽曲「Lots Of Spices」が追加

Lots Of Spicesの譜面

セブンスコード

限定楽曲「とらぺろ」が追加。

4/1にゲームを起動して曲を取得すれば、その後4月いっぱいはプレイ可能とのこと。

とらぺろの譜面

とらぺろのボーカルは、セブンスコード運営メンバーの一人・広報役のKANAKA氏が担当している。

あみだくじで決めるという運営のファンキーさ。

普通に歌上手くない?w (結構好きなんだけど…)

さらに、キャラクターボイスがすべてNAOKI MAEDAバージョンになる「セブンスコード(全てCV.NAOKI MAEDAバージョン)」がTwitterで紹介される。

Twitter

2053/4/1にリリースされるらしいが…果たして…。

MUSYNC/MUSYNX

収 録 可 能

どういうことだ・・・

1 2

この記事を書いた人

管理人: Eiter(アイテル)。
ゲーム実況をしながらブログ運営をしている音ゲーマー

【以下クリックでジャンプ】
>>プロフィール詳細
>>Twitter
>>ゲーム実況チャンネル「EiterGames」
>>お問い合わせ

こちらも読まれています

目次
閉じる