MENU

【Arcaea】チートを利用してFracture Ray理論値を達成した疑惑まとめ

2020 6/14
【Arcaea】チートを利用してFracture Ray理論値を達成した疑惑まとめ

2019/09/22に、2人目のFracture Rayの理論値達成者が現れた。

しかし、その後すぐに、「この記録はチートを使用したものではないか」という疑いがでてくる。


なぜ、チートだと疑われたのか、また、運営はどのように対応したのだろうか。

ArcaeaのチーターCwyizAliceOwO
目次

チート疑惑が生まれた経緯

2019/09/22当時、Fracture Rayの理論値達成者は、1人しかいなかった。

そこに2人目の理論値達成者が登場し、ランキングに名前が載った。

その人の、理論値を達成したときの動画や、リザルトのスクリーンショットは見つからなかったが、過去に投稿していた「Fracture Rayの7落ちの動画」が発見される。

そして、その動画でチートが使用されているのではないかと疑われた。

その動画がこちら

https://www.bilibili.com/video/av63219600/?redirectFrom=h5

ーー19/10/04追記ーー
19/10/02に、チート利用を疑われた人物が、Fracture Rayのプレイ動画を時計付きでアップロードした。

https://www.bilibili.com/video/av69734530

どんなチートを使ったのか

方法は不明だが、ゲーム自体の進行速度を遅くし、譜面を低速でプレイしていた可能性がある。

ノーツの速度ではなく、ゲーム自体の速度を遅くしている点に注意。


この「ゲーム自体の速度を変更するチート」が使用されていると疑われる動画は、別のプレイヤーのプレイ動画でも存在している。


このチートが使用されていたとしたら、ノーツ速度を遅くした時に発生するノーツの密集がなく、ノーツはゆっくりと流れ、また、Perfectの判定幅も広がっていたと思われる。

そして、動画としてアップロードする際には、速度を調整し、まるで等速でプレイしているように見せていた。

例の動画を見てもらえばわかるが、手の動きが時々早すぎたり、打音が曲と合っていないように感じる。

そんなことができるんだという驚きもあるが、低速のFracture Rayを4分近く叩いてたという事実に筆者は驚いている。

音楽もスロー再生されるんだろうから、楽しくなさそう。



運営の対応

チート疑惑がでてから、およそ9~10時間後に確認したときには、そのプレイヤーの名前はランキングから削除されていた。

この運営の対応の早さにも驚かされる。

ただし、今回の件に関して公式は一切言及していないため、本当にチートが使用されていたのかどうかはわからない。

また、今回のプレイヤーはすべてのランキングで名前がなくなっているらしく、BANされた可能性等が考えられるが、真実は闇の中。



最後に

チートのやり方は不明だが(わかってても書かないけど)、ばれたら痛い目を見るし、チート使っても楽しいとも思えないので、チートを使用するのはやめておくべきだ。

音ゲーの楽しいところは、プレイを重ねるごとに自分の実力が伸びていくのを、スコアを通じてしっかり体感できる点だと思う。


チート使うくらいなら、音ゲーやる意味ないよねって感じがする。

関連商品
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

この記事を書いた人

管理人: Eiter(アイテル)。
ゲーム実況をしながらブログ運営をしている音ゲーマー

【以下クリックでジャンプ】
>>プロフィール詳細
>>Twitter
>>ゲーム実況チャンネル「EiterGames」
>>お問い合わせ

こちらも読まれています

目次
閉じる