【Arcaea】ポテンシャルを上げるコツや方法まとめ

Arcaeaをプレイしていると、ポテンシャルをどうしても意識し始めるだろう。

ポテンシャルは短期間で大きく上昇させることは難しい。

ただ、数字をあげるコツのようなものはあるので、この記事で紹介しているポイントを意識すれば、ポテンシャルを上げやすくなるだろう。


ポテンシャルについての知識が少ない人や、「譜面定数」「譜面別ポテンシャル」というワードの意味がわからない人は、「ポテンシャルをわかりやすく解説する」を先に読んでおこう。

目次

ポテンシャルを上げるコツ

効率よくポテンシャルを伸ばす方法を考えてみる。

ポテンシャルを上げるコツ
  • 譜面定数が高い譜面で高スコアをだす
  • Recent枠で稼ぐ
  • 9,800,000以上のスコアを目指す
  • 理論値を目指さない

譜面定数が高い譜面で高スコアをだす

ポテンシャルを上げるには、「譜面定数が高い譜面で高スコアを出す」必要がある。


「神奈川電脳暗渠」と「ignotus」という曲のFuture譜面はともに難易度9だ。


しかし「神奈川電脳暗渠」の譜面定数は9.0に対して「ignotus」は9.3ある。

この場合、譜面定数の高いignotusで高スコアを狙った方がポテンシャルの伸びしろが大きい。

楽曲の譜面定数をチェックしたい人は「【Arcaea】全譜面の譜面定数まとめ」を参照。

無料で手に入る曲よりも、有料パックに収録されている曲のほうが難易度が高く譜面定数も高いので、課金することでポテンシャルは伸びやすくなるだろうと思う。

Recent枠で稼ぐ

Best枠に入らない成績でも、Recent枠に入ることは多い。

なので、得意な曲を何度もプレイしてRecent枠の譜面別ポテンシャルを底上げすることで、短時間でポテンシャルを伸ばすことが可能だ。

ただし、同じ譜面のスコアは複数記録されず一番スコアの高いものが選ばれるため、同じ譜面だけを何度もプレイするのではRecent枠を更新できない点に注意しよう。

Recentの数値を上げようと思ったら、10種類以上の異なる譜面をプレイする必要がある。


Recent枠の数値を上げることで、ハイスコアをだすことが出来なくても、ポテンシャルを伸ばすことができる。

ただし、プレイを繰り返してRecent枠の記録が弾かれるとポテンシャルは簡単に下がっていくので、長期的に考えるとBest枠を増やしていくことを意識したほうがいいだろう。

9,800,000以上のスコアを目指す

高スコアを獲得するとポテンシャルは伸びるが、特にスコアが9,800,000を超えるとポテンシャルの伸びが良くなる。

9,800,000というスコアはEXグレードを出さないと獲得できないスコアではあるが、実力のある人は狙ってみよう。

Ver2.6.0以前は9,950,000からポテンシャルが大きく伸びていたが、Ver3.0でポテンシャルの計算方法が変更になり9,800,000から伸び率が変わらなくなった。

理論値を目指さない

理論値を目指すのは素晴らしいことだと思うし、憧れもある。

ただ、ポテンシャルを伸ばすことを考えたとき、狙うのはPMまでで十分なのだ。


PMさえしてしまえば、その譜面の譜面別ポテンシャルは最高値になり、それ以上伸びなくなる。

もちろん、理論値を狙い、何度もプレイする過程でRecent枠が更新されて、結果ポテンシャルが伸びることはある。


しかし、ポテンシャルを伸ばすことを考えるとき、PMを達成したら別の譜面に挑戦するほうが賢いだろう。

ポテンシャルは下がることもある

ポテンシャルは、ハイスコアを更新したとしても、下がることがある。

それはRecent枠に入っていた高スコアの成績が弾かれたせいである。


しかし、弾かれたものは30も前にプレイした譜面であるから、それがどの曲のどの譜面だったのかは、まず思い出せないはずだ。

ポテンシャルが下がってもあまり気にせずに、Best枠の記録を更新することを目指してプレイを続けるようにしよう。

ポテンシャルの上限は上昇し続けている

アップデートで新曲が追加されると、ポテンシャルの上限も上昇する。

ポテンシャルが12に到達したらすごいと言われていた時期もあるが、いつか13や14に到達する日が来ればその基準も変わってくるだろう。

>>【Arcaea】ポテンシャルの上限と上限更新履歴

目次
閉じる