MENU

【Arcaea】「ポテンシャル」をどこよりもわかりやすく解説!

2020 6/14
【Arcaea】「ポテンシャル」をどこよりもわかりやすく解説!

スマホアプリの音ゲー「Arcaea」には、ポテンシャルと呼ばれる数字がある。


「そもそもポテンシャルって何?」と不思議に思っている人や、「ハイスコア取ったのにポテンシャル下がったんだけど?」

と疑問をもったことがある人も少なくないだろう。


しかし、この記事を読み進めていただくと、そのような疑問もなくなるはずだ。

ポテンシャルについて、イマイチよくわからないという人のために、解説してみた。

Ver3.0.0 対応済みです。

目次

ポテンシャルとは何か

Arcaeaのポテンシャル

ポテンシャルとは、自分の実力を数値化した指標のことで、いわゆるレート。

上の画像の、赤い四角で囲ってある数字がポテンシャルである。


ゲームをプレイすると、成績に応じて、この数字が増えたり減ったりする。

また、ポテンシャルの数字が大きいほど「プレイが上手い」と考えることができる。

ポテンシャルは、プレイ初期の段階では0.00からスタートし、2020/05/03時点でのポテンシャルの上限は12.65となっている。※ポテンシャルの上限はアップデートによる曲の追加で上昇します。

ポテンシャルの前にこれらのワードを理解するべし

ポテンシャルを理解する上で知っておかなければいけないワード・単語がいくつか存在する。

まずはそれらの説明から始めよう。

  • 譜面定数
  • 譜面別ポテンシャル
  • BEST枠/RESENT枠

譜面定数

プレイしている人には知ってて当たり前の話になるが、Arcaeaでは各楽曲に難易度が3つ設定されている。

ArcaeaのInfinityHeavenの難易度

「Infinity Heaven」を例にだすと、画像からも確認できる通り、Past=1Present=5Future=7 という3つの難易度が用意されている。

だが、普通にプレイしている分には目にすることのできないシステムの内部に、もっと細かい数値が設定されているのだ。


「Infinity Heaven」の場合Past=1.5Present=5.5Future=7.5という数字が設定されている。

外部からでは確認できないこの数字が、譜面定数と呼ばれるものである。

譜面定数は、難易度をさらに細分化したものだと思ってもらえればよい。

当然、数字が大きいほうが「難しい」と考えることができる。

普通にプレイしている分には、譜面定数を見ることはできない。

譜面定数を知るにはいくつか方法があるが、ワールドモードのスコアとSTEP値の関係を利用し、計算して導く方法が主に使われる。

新曲が実装されると、有志の人たちが譜面定数を導き出してすぐに公開してくれているため、わたしたちでも知ることができている。

譜面別ポテンシャル

譜面別ポテンシャルとは、最初に紹介した「ポテンシャル」とは似ているが別物である。

わたしたちがゲーム内で確認できる数字である「ポテンシャル」は、全楽曲のプレイ成績を参照して導きだされる数値。

一方「譜面別ポテンシャル」はその名の通り、プレイヤーが獲得した各譜面ごとのポテンシャルであり、ゲーム内では確認することができないもの。


譜面別ポテンシャルの値は、「譜面定数に、その譜面のプレイ結果による補正を加えて算出された数値」となる。

簡単な計算式は下の通り。

譜面定数+プレイ補正=譜面別ポテンシャル

正直、計算式なんて覚える必要はなく、下の表だけ覚えていれば十分である。

グレード譜面別ポテンシャル
PM譜面定数+2.0
これ以上伸びない 最高値 
EX+譜面定数+1.5
EX譜面定数+1.0
AA譜面定数と同じ数字
A譜面定数-1.0
B譜面定数-2.0
C譜面定数-3.0

表を見てもいまいちわからないという人は、下に書いた具体例を見てみるといいだろう。

譜面別ポテンシャルを導き出す具体例

具体例を見たると理解が深まりやすいと思う。

例えば「Infinity Heaven」のFuture譜面をプレイしたとする。

先ほど紹介した通り、譜面定数は7.5である。


プレイしてPMを達成したとすると譜面別ポテンシャルは、表の通り、譜面定数に+2.0した数字になる。

つまり 7.5+2.0 9.5 だ。

EX+を達成したとすると、譜面定数に+1.5した数字が譜面別ポテンシャルとなる。

つまり、EX+を達成したら 7.5+1.5で 8.5

ただし、これは9,800,000ピッタリのスコアを獲得したときの数字である。

ほんの少しでもスコアが伸びれば、加算される数字は増加する。

初めのうちはわかりにくいと思うが、「EXを取れば譜面定数+1.0の譜面別ポテンシャルが獲得できるんだな」「AAを達成すれば譜面定数と同じ値の譜面別ポテンシャルになるんだな」という2つを覚えるところからスタートするとよいだろう。

Best枠とRecent枠

先ほど紹介した譜面別ポテンシャルには「Best枠」と呼ばれるものと、「Recent枠」と呼ばれるものが存在する。

Bestは「最高」、Recentは「最近」という意味である。

BEST枠

いままでプレイしてきた全ての譜面の中で、上位の譜面別ポテンシャルが集められたのがBest枠だ。

Best枠には30個の譜面別ポテンシャルが記録されている。

つまり、今までプレイしてきた全譜面の中で、上位30の譜面別ポテンシャルが記録されているのがBest枠ということ。


また、BEST枠では、譜面は重複しないという性質がある。

例えばInfinity Heavenを2回プレイしたとしても、Best枠に記録されるのは上位の方の成績だけ。

同じ譜面なので、両方の記録がBest枠に記録されるということにはならない。

RECENT枠

最近プレイした譜面の中で、上位の譜面別ポテンシャルが集められたのがRecent枠だ。

Resent枠には10個の譜面別ポテンシャルが記録されるが、直近30プレイの中から10個が選ばれる。

Best枠に入らずとも、最近の中で成績が良ければ記録されるのがResent枠である。


また、Best枠と同様に譜面は重複しない。

Ver3.0のアプデにより、Recent枠でも譜面が重複しなくなった。

ポテンシャルの数字はどのように導きだされるのか

さて、ここからが本題である。

Arcaeaのポテンシャルは、楽曲をプレイしたときの成績がいくつも集められて導き出される。

簡単に説明すると下のような感じ。

①今までプレイしてきた全期間の中で、30の良い成績

② 最近プレイした中で、10の良い成績

この40個の成績の平均がポテンシャルだ。

つまり、①と②の数値を全部足して、それを40で割ったものがポテンシャルになる。


そして、先ほどの四角の中の説明をより正確に表現すると下のようになる。

Best枠の上位30の譜面別ポテンシャル

Resent枠の上位10の譜面別ポテンシャル

Best枠の30個の譜面別ポテンシャルと、Resent枠の10個の譜面別ポテンシャル、合計40個の譜面別ポテンシャルの平均がポテンシャルの正体だ。



実際にポテンシャルを導く

「導く」と書いたうえでこんなことを言い出すのはあれだが、実際にポテンシャルを計算して導くのは、難しいし大変だ。

まず、大抵の場合、BEST枠とRECENT枠に入っている譜面別ポテンシャルがわからない。


BEST枠はハイスコアから計算して導くことは可能だが、RECENT枠に関しては、過去30プレイの成績をすべてメモでもしていない限り思い出すのが困難だ。


なので、ポテンシャルを計算して導くという作業をすることは、ほとんどの人はしない(出来ない)。

あるとしたら、ポテンシャルの上限(理論値)を調べたいときなどだろう。


試しにVer2.6.1のArcaeaのポテンシャルの上限を導いてみる。

まずBest枠の30個が最大になるときを考えよう。

ちなみに、各楽曲の譜面定数を調べたい場合は「【Arcaea】全譜面の譜面定数まとめ」がおすすめ。

曲名譜面別ポテンシャル最大値
Tempestissimo13.5
Grievous Lady13.3
Fracture Ray13.2
最強STRONGER13.0
#1f1e3312.9
Axium Crisis12.9
World Vanquisher12.9
Dantalion12.8
Cyaegha12.8
Ringed Genesis12.8
Halcyon12.7
Singularity12.7
ouroboros-twin stroke of the end-12.7
corps-sans-organes12.6
GLORY : ROAD12.6
Tiferet12.6
cyanine12.6
γuarδina12.5
怒槌12.5
Valhalla:012.4
Garakuta Doll Play12.4
Ether Strike12.3
Nirv lucE12.3
IZANA12.2
Metalic Punisher12.2
Sheriruth12.2
αterlβus12.2
conflict12.1
Scarlet Lance12.3
PRAGMATISM12.1
Best枠の理想形

これら30曲の譜面別ポテンシャルをすべて合計すると(378.6)となる。

またResent枠は、上の表の上位10曲の記録が選ばれたときに最大値になるので、上位10曲の譜面別ポテンシャルの合計(130.1)である。

そして、これら30個Best枠と10個のResent枠の譜面別ポテンシャルを全部足して(378.6+130.1=508.7)、その合計を40で割ると 12.7175 となる。

というわけで、Arcaea Version3.0.0のポテンシャルの最大値は 12.71 だ。



ポテンシャルの上限はいくつ?

ポテンシャルの上限は、ArcaeaのVersionによって変わってくるため、「【Arcaea】ポテンシャルの上限と上限更新履歴」の記事にまとめている。

ハイスコアを更新したのにポテンシャルが下がるのは何故

ここまで読んでくれた人なら、もうお分かりかもしれない。


ポテンシャルが下がるときは基本的に、Recent枠に入っていた好記録が無くなったときである。

Recent枠は直近30譜面の記録であるから、30以上プレイを続けて好記録がRecent枠から追い出されてしまったのだ。


だから、別に不具合とかバグではないので安心してほしい。

最後に

ポテンシャル関連の知識は、覚えるワードが多く少々とっつきにくいとは思うが、高みを目指すには知っておいて損はない知識である。

Arcaeaが好きでプレイを続けていれば自然と身についてくる知識でもあると思うので、すぐに理解できずとも焦る必要はないので安心しよう。

>>【Arcaea】ポテンシャルを上げる方法まとめ

関連商品
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider


この記事を書いた人

管理人: Eiter(アイテル)。
ゲーム実況をしながらブログ運営をしている音ゲーマー

【以下クリックでジャンプ】
>>プロフィール詳細
>>Twitter
>>ゲーム実況チャンネル「EiterGames」
>>お問い合わせ

こちらも読まれています

目次
閉じる