【天使歌声の透明感がすごすぎる神曲】EOS -ginkiha を紹介

神曲の多くは、たくさんの音ゲーに収録されることが多いが、多くの機種に収録=神曲ではない。

今回紹介する「EOS」という楽曲は、まさに知る人ぞ知る神曲である。

なぜもっと有名にならないのか不思議なくらいだ。


この記事では、透明感抜群の一曲「EOS」を紹介するので、読者のみなさんの神曲リストに加えてほしいと思う。

目次

EOSとは

BMSイベント「BOF2012」で初登場した、ginkiha氏の楽曲かつ代表作。

タイトルの読みは「エオス」で、ギリシア神話に登場する暁の女神を意味する。

暁の女神を意味するタイトルに違わず、曲も「夜明け」をイメージして製作されている。

この曲は、「音ゲーやっててよかった」と思わせてくれるくらい大好きな曲であり、ずっと聞いていられる&プレイしていられる神曲。

願わくば、もっと多くの音ゲーに収録されてほしいものである。

最高に美しい音色と天使の歌声

EOSは、筆者が今までに聴いてきた曲の中でも、「最も透明感のある曲」と言っても過言ではないくらい透き通っている。

そして、星の数ほど存在する音ゲーの曲たちの中で一番好きな曲が、EOSかもしれないというくらい大好き。


曲を聴き始めると、広い空間を感じさせるような柔らかな雰囲気を感じる。

そして、まるで「天使」かと思うような心地よいボーカルが流れてきて、聴いているだけで優しさに包まれるような気分になってくる。

さらに、中盤と終盤で登場するボーカルの刻みは聴いているだけで気持ちよく、初めて曲を聴いたときは、本当に鳥肌が立ったのを覚えている。

ちなみに、ボーカルの刻みの箇所は、叩いててもすごい楽しい譜面になっていてたまらない。

BGA(Back Ground Animation)はなく、アートワークは青色が印象的な一枚絵だが、曲とマッチしたものになっていて、それもまたよい。


曲も最高、譜面も楽しい、本当にこの曲に出会えてよかったと思った。

EOSの歌詞

作者曰く、「夜がずっと続くな~~的なこと」を言っている歌詞。

This is the night where we belong

It goes on and on and on

We see the days melt into one
(もしくは We see the days merge into night)

It goes on and on and on

This is the place we have to go

It goes on and on and on

The time is everlasting now

It goes on and on and on

Long Versionもある

EOSのLong Versionは、「Shade of Mythology」というアルバムに収録されている。

Amazon Prime会員なら、なんと無料聞き放題で、気に入ったら購入も可能。


ちなみに、iTunesBandcampというサイトでもDL販売している。

個人的には、Long Versionより、BMS版の短いやつのほうが好き。

目次
閉じる