MENU

音ゲー中に無反応がでたとき(反応しないとき)の対処法まとめ

2020 5/14
音ゲー中に無反応がでたとき(反応しないとき)の対処法まとめ

スマホやタブレットで音ゲーをプレイしているとき、「タップしているのにミスがでた」「無反応でフルコンを逃した」というような経験を持つ人は多いだろう。

「端末が故障してしまったのかな」と不安になることもあるかもしれない。

ただ多くの場合、故障しているわけではなく、ちょっといじるだけで解消されることも多い。


この記事では、タップしても反応しないときに試したい対処法を紹介する。

目次

そもそも正しくタップできているのか確認する

自分では正しい位置をタップしていると思っていても、実はできてないということは、とても多い。

自分の実力を過信して端末のせいにしていると、いつまでも実力が伸びずに無反応にイライラすることになる。


例えば、「両腕を真横に上げて水平に伸ばす」という動作を行ったとき、本当に真っすぐ腕を伸ばせる人は意外と少ない。

実際には斜め下に伸びていたり、上げすぎていたりする。

これは、頭でイメージしているように体を自在に動かせていない証拠だ。

音ゲーの場合も同様で、ノーツをしっかり叩いているように頭では思っていても実際には指が届いてなかったり、検討違いの場所を叩いていたりすることも多いのだ。

面倒かもしれないが、可能であれば手元動画を撮影して確認してみることで、端末の不具合なのか単純なミスなのかがはっきりわかる。

端末の発熱を抑える

使用している端末が発熱し、温度が上がっているとラグやカクつきが発生する。

筆者の場合はほぼこれが原因。

ガルパだけでなく、他の音ゲーをやっていても発熱は無反応の原因になったりするため非常に厄介。

そこで、端末が熱を持ってきたら温度を下げてやることでラグやカクつきを抑えることができる。

ただし、短時間で急激に温度が下がってしまうと端末内部に結露が発生し、最悪壊れてしまうという可能性もある。

なので、冷蔵庫や冷凍庫に入れてみたり、保冷剤のようなものを使用して一気に冷やそうとするのは止めておこう。

適度に休憩する

長時間プレイを続けているとどうしても端末が熱くなる。

とくに、Android端末の場合は本体が持てなくなるくらいに熱くなる場合もあるため注意。

そこで、適度に休憩して端末を休ませてあげるというのが対策の1つだ。

数分間端末を涼しい場所においたり、風に当てたりして熱を冷まそう。

カバーを外す

スマホやタブレットにカバーを装着している場合、熱がこもりやすくなるので温度が上がりやすい。

多少面倒ではあるが、プレイ時にはカバーを外すことが熱対策になる。

カバーを外すことで端末を落としてしまったときなどに破損する可能性が高まってしまうが、強度の高いガラスフィルムだったり、側面を守るバンパーケースなどを利用していこう。

冷却ファンを使う

「休憩したくない!連続でプレイしたい!」という人もいるだろう。

でも大丈夫。

スマホユーザーの場合は「冷却ファン」と呼ばれるようなアイテムを使用することで端末を冷やしながらプレイすることが可能だ。

もちろん充電しながら、持ちながらのプレイが可能。

商品によって冷却性能や価格が異なるのでいろいろ探してみるのもよし。

10円玉を使う

スマホ-10円玉

端末の背面に10円玉をくっつけることで排熱効果を高めることができる。

10円玉は熱伝導率が高い「銅」で作られているため、スマホの熱を逃がしやすいのだ。

ノートPCの冷却効果を高める際などにも利用される方法であり、10円玉を使用するというのは割と有名な話。


10円玉をくっつける際にはテープを使ったり、ケースを付けている場合はケースとの間に滑り込ませたりする。

「冷却ファンちょっと高いな・・・」という人は試してみよう。

冷却ファンと比べると冷却性能は劣るが、ないよりかはましだろう。

充電しながらプレイしていないか確認する

iPadの場合、純正ではない充電器を使用しながらプレイしていると、タッチパネルが反応しないことがある。

当てはまる場合は、充電器を純正のものに変えてみるよう。


もしくは、充電しながらのプレイを控えることで、無反応を避けることができる。

このケースも割と多いため、使用している充電器をチェックしてみよう。



指の乾燥や汗を疑う

指が乾燥していたり、手汗がひどかったりすると、タッチパネルの反応が鈍くなる。

おすすめの対策は、一度手を洗うことだ。

汗だけでなく、汚れも落とすことができ、無反応の原因をしっかり潰すことができる。


または、制汗剤などを利用して、手のコンディションを整えることで、快適にプレイできるようになることもある。

あとは、出来るだけ汗をかかないように涼しい場所・恰好でプレイするのも大事だ。

>>【フリックやスライドでもう悩まない】音ゲーに役立つアイテム・グッズ

Androidを使用している場合は設定を変えてみる

OSがAndroidの端末を使用している場合は、設定をいじることで症状が改善される可能性がある。

Androidユーザーの多くは設定している項目であるので、一度試してみよう。


表記は端末によって若干異なるが、

まずは、[設定]→[システム]→[開発者向けオプション]と進む。

開発者向けオプションが表示されていない人は、次の通りに操作すると利用可能になる。

[設定]→[システム]→[端末情報]と進む
[ビルド番号]の欄を連続でタップすると、メッセージが表示され開発者向けオプションを触ることができるようになる。

[開発者向けオプション]に進んだら、ハードウェアアクセラレートレンダリング項目にある[GPUレンダリングを使用]を有効にする

また、その下にある[HWオーバーレイを無効]を有効にする


注意点は、[GPUレンダリングを使用]を有効にすると、電池消費が増える。

また、[HWオーバーレイを無効]を有効にしていても、端末を再起動した場合、無効に戻ってしまう。

なので、端末を再起動したときは、再度有効に切り替える必要がある。



もし、これらの項目を一度有効にして操作してみて、パフォーマンスが落ちたと感じたときは無効に戻しておこう。



強制再起動してみる

無反応を含め、端末の不具合は強制再起動をすることで改善されることも多い。

強制再起動の方法は、端末によって異なるので調べてみよう。

「困ったときは再起動」基本中の基本である。

保護フィルムを疑う

使用している保護フィルムが分厚すぎたり、画面が汚れている場合、タッチパネルの反応が悪くなることがある。

そこで、一度画面を拭いてキレイにしてみよう。

また、今使っている保護フィルムが長期間使用してきているものであった場合、新しいものに交換することで、症状が改善されることもある(経験談)。

古いフィルムを使用している場合は、新しいものに交換してみるのも手だ。

>>音ゲーに最適なスマホ・タブレットの保護フィルムの選び方

OSをアップデートする

OSのバージョンが古いことで、パネルの反応が悪くなっている場合も考えられる。

もし、最新のOSを使用していない場合は最新版にアップデートすることで、不具合が直るかもしれない。

ただし、最新のOSは、アプリの方が対応していない場合があるため、アップデートすることで逆に反応が悪くなる可能性もある。

アップデートする前に、アプリが対応しているかどうか確認しよう。


また、発生している不具合がアップデート直後から起きるようになっていた場合は、不具合の原因はアップデート後のOSにある可能性が高い。

その場合は、1つ前のOSに戻してみよう(ダウングレード)。

ちなみに、ダウングレードは面倒らしいので注意。



初期化する

これは最終手段。

初期化すると、すべてのデータが消えるが、工場出荷状態に戻すことができる。

初期化するまえには必ずバックアップを取っておこう。


初期化の方法は、端末によって異なるので、調べてみてほしい。

修理にだす

どうしても自力で治せない場合は、修理にだしてみよう。

パネルを交換するだけで済む場合や、端末をまるごと交換する必要が出てくる場合も考えられる。

iphoneやipadの場合はApple Storeに持っていくなどの方法があるが、端末によって修理の方法は異なるため、調べてみてほしい。

また、修理は費用がかかるため、新しいスマホ・タブレットを購入することも視野にいれてもいいかもしれない。



最後に

無反応をはじめ、プレイしていて不具合が発生すると、「故障したのかな」と不安になる。

しかし、簡単なことで解決することも多いので、いろいろ試してみよう。

また、新しい対処法を発見しだい追記していく予定である。

この記事を書いた人

管理人: Eiter(アイテル)。
ゲーム実況をしながらブログ運営をしている音ゲーマー

【以下クリックでジャンプ】
>>プロフィール詳細
>>Twitter
>>ゲーム実況チャンネル「EiterGames」
>>お問い合わせ

こちらも読まれています

目次
閉じる