【声ネタ】『3倍アイスクリーム』とは。 音源や元ネタも解説。

音ゲーをかじったことのある人なら皆聞いたことがあるかもしれない「3倍アイスクリーム」というフレーズ。

音ゲー初心者ウサギのアイコン画像音ゲー初心者ウサギ

まったくもって意味不明…

アイテルのアイコン画像アイテル

「声ネタ」と呼ばれているボイスなのだ


「声ネタ」とは、曲中でアクセントとして使用される人の声や音の短いフレーズのことで、「3倍アイスクリーム」はその一種。

数ある声ネタの中でも「3倍アイスクリーム」は特に人気で知名度があり、プレイ中に「3倍アイスクリーム!」と声が聞こえてくるたびに、音ゲーマーは「おおっ…3倍アイスクリームだ…!!」とちょっぴり歓喜?したりする。


実はこれは、英語の「Somebady Scream」の部分が「3倍アイスクリーム」に聞こえるという空耳
(※Somebady‘s Screamの可能性もあるが、調べてもはっきりわからなかった。)


声ネタと呼ばれるフレーズは数多く存在するが、その中でも不動の知名度を誇っているのが「3倍アイスクリーム」であり、様々な楽曲や動画で利用され親しまれている。

目次

楽曲「Second Heaven」で一躍有名になる

「Somebady Scream!(3倍アイスクリーム)」自体は、以前からトランスなどの音楽で声ネタとして存在していたが、3倍アイスクリームが流行りだしたのは、Ryu☆氏の「Second Heaven」という楽曲がきっかけ。

下の動画の#0:45#1:38の2箇所で聞こえてくる。

ちなみに、#0:36の「Count down」という箇所も「カツ丼ォン」と聞こえるためネタにされている。

現在では、カウントダウンからの3倍アイスクリームの流れは鉄板。

Second Heavenの歌詞

All I want lying here with you, Feeling like heaven. 
All I want lying here with you, Feeling like heaven. 

Count down… 
(カツ丼ォン)
8…7…6…5…4, 3, 2, 1. 
Somebody scream! 
(三倍アイスクリィィィーム)

All I want lying here with you, Feeling like heaven. 
All I want lying here with you, Feeling like heaven. 

Somebody scream!
(三倍アイスクリィィィーム)



3倍アイスクリームの人気の火付け役となったのは、ニコニコ動画に投稿されたbeatmaniaIIDX 14 GOLDに収録されているSecond Heavenのプレイ動画。

空耳の「カツ丼」や「3倍アイスクリーム」が多くの人の心をつかみ、動画内で「三倍アイスクリイイイイイイイイイイイム」の弾幕が張られるようになり人気が爆発。


その後、Second Heavenや3倍アイスクリームを素材にしたMADが投稿されたり、声ネタが他の楽曲にも使用されはじめたり、まったく関係のない動画にもネタとして使用されたり。

ちなみに、「Second Heaven」を作曲したRyu☆本人も公認で、「三倍アイスクリーム!」でおなじみ、Ryu☆でございます。」とKONAMIの公式サイトで挨拶したりしている。



ついには音ゲーの枠を超え、日本の大手レコード会社avexより、はるな愛の楽曲「I・U・YO・NE~」の中にも3倍アイスクリームが登場したり#0:29~、ありとあらゆるところに3倍アイスクリームが使用される大人気ぶり。

ちなみに、「I・U・YO・NE~」は謎の良曲に仕上がっているので視聴の価値あり。


そして、beatmaniallDX 19 Lincle で登場した「Drive Me Crazy」という楽曲で、「3倍アイスクリーム」そのものが登場#0:21~

空耳という殻を突き破った歴史的瞬間である。※作者も認めている

3倍アイスクリームが使用されている楽曲の例

StripE – FIRE FIRE #0:47~

good-cool – Cyber Girl #0:43~

Second HeavenのMAD動画

Second Heavenが使用されているMADを集めた動画があったのでいくつか紹介。

3倍アイスクリームがここまで有名になったのも、数々のMADが制作されて多くの人の目と耳を楽しませてきたからなのは間違いない。


ちなみに探せばたくさん出てくるので、もっと見たい人は「Second Heaven MAD」で検索してみよう。

3倍アイスクリームの元ネタ・音源

3倍アイスクリームの元ネタは、「Kraze」というユニットによって1988年にリリースされた「The Party」という楽曲#3:48~

ハウス・ミュージックが世界的に盛り上がりを見せていた時期だったこともあり、「The Party」は大ヒット。

最終的には数十万枚を売り上げたため、「Somebady Scream!(3倍アイスクリーム)」は定番の声ネタとして様々な楽曲にサンプリングされるようになっていった。

Second Heavenで使用され日本で人気が爆発するずっと以前からも、3倍アイスクリームは世界的に大人気だったのである。

ピアノ発表会で3倍アイスクリームを叫ぶ勇者

3倍アイスクリームが人間に与える影響力は著しいものがあり、普通の人生を送るはずだった若者を勇者に変えてしまう事案も発生。

ピアノ発表会でSecond Heavenを弾き、さらにその場で「3倍アイスクリーム」と叫ぶという鋼のメンタルを持つ男を生み出してしまった#3:00~想像した叫びと違う

動画の主は、毎年ピアノ発表会に参加し何かしらチャレンジしているらしいが、2019年のピアノ発表会ではDaisukeを踊って出禁になったらしい。

3倍アイスクリームの楽譜・採譜

声ネタに注意をほとんど持っていかれて笑いの方向に意識が向かってしまうが、Second Heavenは実際かなりの神曲である。

ピアノの演奏を聴いてみればわかるはず。

演奏出来たら絶対にかっこいいので、これを期にみんなピアノを練習して発表会に出て3倍アイスクリームを叫ぼう。

ドアラのテーマ曲にも3倍アイスクリーム

中日ドラゴンズのマスコットであるドアラのテーマ曲「ドアラのテーマ」という曲にも3倍アイスクリームが使用されている。


肝心の楽曲はノリのいい曲調でアゲアゲに仕上がっているのだが、詳しい人なら聞いてみると完全にRyu☆氏(Second Heavenの生みの親)の楽曲だと気付ける。

序盤からすでにRyu☆氏を思い起こさせるのだが、特に#2:22~始まる箇所は完全にSecond Heavenであり、中の人を隠す努力をかけらも行っていない。

ちなみに、「ドアラのテーマ」はRyu☆氏のBestアルバム「Ryu☆BEST -MOONLiGHT-」にも収録されているのでコンポーザー:Ryu☆であるのは、すでに確定である。


当時ドアラは爆発的な人気があり、書籍を出したり写真集やDVDをリリースするなど調子に乗っていた。

そして、その流れで「DJドアラ」としてCDデビュー。

売り上げ目標で「ミリオン」を狙い、年末の紅白歌合戦にも「アポがあれば考える」などと語っていたが振るわず、あまり話題にならなかった。


さらに驚くべきことに、「ドアラのテーマ」はDAMでカラオケ配信されているので歌うことも可能である。どうやって歌うのかわからないが

「親に向かってなんだその3倍アイスクリームは」Tシャツ

2018年12月31日に開催された、「EDP Lab -TOKYO 2018-」という音楽イベントの公式グッズとして「親に向かってなんだその3倍アイスクリームは」Tシャツが登場。

サイズはM/L/XLの3種で、価格は税込み3,500円。

3倍アイスクリームの人気はとどまることを知らないようだ。

「親に向かってなんだその3倍アイスクリームは」Tシャツ

イベント会場かTANO*C STOREで購入できたが、当記事を執筆時は全サイズ売り切れで入手不可だった。

オークションサイトなどを探せば、もしかしたら入手できるかもしれない。

目次
閉じる